• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • ネオ一眼、驚異の超ズーム

BLOG

14.08.06

ネオ一眼、驚異の超ズーム

 ネオ一眼、驚異の超ズーム

月のクレーターが撮影できる...、カメラがある意味望遠鏡になるのだ。

メインのX-Pro1で十分楽しいカメラライフをおくっていたのだが、ふとしたきっかけでこの超ズームが気になりだし、様々な動画を見ているうちに、もう欲しくてたまらなくなった。

各社がこの高倍率ズームのネオ一眼を発表しているが、やはり見た目では個人的に富士フイルムが一番好みだ。
色々評価を見ると、CanonのSX50HSが一番良いみたいだが、価格からもこのラインに画質は期待していない。
サブで使用する感覚で、おもしろい写真が撮影できればそれで良い。
そんなわけで、デザインが良く、更にはコスト的な面も考慮した上で今回選んだのが、FUJIFILM FINEPix sl1000だ。
現在は、最新のFINEPix s1が発売されているが、細かなデザインは、一つ前のモデルFINEPix sl1000の方が好みだ。
新しいだけあって、FINEPix s1には色々な便利機能も追加されているが、画質に関しては、多少高画素化されているもののイメージセンサーの大きさは同じなのでさほど違わない。
価格には、ほぼ一万円程のひらきがあるので、これはどう考えてもFINEPix sl1000がお得だという結論に至り、オークションで2万5千円ほどで手に入れた。

使用してみた感想は、感動の一言に尽きる。
上の写真のように、ここまで綺麗に撮影できる。
これは三脚を使用しているが、手持ちでも強烈な手ぶれ補正でそこそこいける。
50倍までは光学ズームで、そこから100倍まではデジタルズームとなっているので、
50倍からはかなり荒れが目立つのだが、それでもこの綺麗さだ。
もちろん拡大しよく見ればそれなりである。
しかし、私のスマホで撮った場合、ただの光る豆粒でしかないので、
遥か彼方にあるものがここまで撮影できれば十分である。

ボケをいかしたような少しこだわりのある写真を撮るには、やはりこの機種では難しい。
しかし、それ以上に、他にない感動が味わえる。

天体ももちろんだが、例えば鳥をはじめ、近くに寄れない動物などを撮影するのにも活躍しそうだ。
これを機に、バードウォッチングに目覚めようと思う。
結構出会す鳥と言えばやはりハトだが、ハトは結構近くに寄れるので、、、というよりも、むしろ寄ってくるので、ハト以外の身近な鳥を探せば良い。

、、、スズメだ...。

スズメを撮影して面白いかはこの際おいておき、
とにかく、日頃カメラにおさめられない絵が残せそうだ。

また、動画も撮影できるので、ズームをいかした動画を撮影してみてもおもしろいと思う。

ただ、唯一の難点がバッテリーである。
嬉しがってズームばかりしていると、あっという間に充電がなくなる。

バッテリーの予備は持っておいた方が賢明だろう。


b_046_2.jpg


b_046_3.jpg

【 Comment 】