• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • 【お世話になっております】 青春組立式キット 井村 様

BLOG

14.06.10

【お世話になっております】 青春組立式キット 井村 様

【お世話になっております】 青春組立式キット 井村 様

映像制作会社《青春組立式キット》代表の井村様。
映像で使用するデザインパーツや上映会のDM、自主映画作品のパッケージ等の制作をご依頼いただいている。

井村さんの映像制作は多岐に渡る。
東京モーターショーのオープンニング映像や片山右京さんのプロモーション映像の制作、ニューロティカやソウルフラワーユニオンをはじめ、滋賀が誇るバンド東狂アルゴリズムなどのライブ撮影等々、様々な映像作品を手掛けておられる。
また自主映画制作での評価も高く、大林宣彦監督から賞賛の言葉を贈られたこともある才能ある方だ。

井村さんとは高校以来の付き合いである。
ありがたいことに、映画にも幾度か出させていただいた。

大学時代には、バンジーという映画で主演を任せられ、30mのバンジージャンプをする羽目になった。
また、地元の駅付近で女の子に絡むヤンキー役を任せられたが、当時うぶな私はあまりの恥ずかしさに近くにたむろしていたシボレー乗りのアメリカンヤンキーに勝手に出演交渉を行った。
快く引き受けてくれたあのヤンキー達との触れ合いも、今となっては良い思い出だ。
そして、地元の移動動物園で、キリンやサルに囲まれての撮影もあった。
バンドの夢を諦め移動動物園で働く元ボーカルをバンドに呼び戻し、再び夢を追いかけるというイカれた話だ。

そう言えば、そこそこの歳で学ランを着て撮影に挑んだ。
あれも田舎の田んぼ道で、誰かに絡むヤンキー役だった。
私の友達は、左手首から体にかけギターをペイントし、裸で撮影に挑んでいた。
皆、井村さんには感謝の言葉以外にない。

30歳の時、井村さんの映画とバンドのライブを融合したイベントが企画された。
私のバンドも出演させていただいたが、ライブと映画を交互に行うという斬新な企画で非常に楽しかった。
また是非あの様なイベントを企画していただきたいと切に願う。

以前、サイクリングヤングという映画のDVDパッケージをデザインさせていただいた時、井村さんはこうおっしゃった。
「制作費とは別に、1枚売れる度に10円払うよ。」。
しかし、残念ながら今だそのお金が支払われたことはない。
私はそのお金を頭金にして家を買う予定をしている。

早く払いたまえ。

■着用いただいているサングラス/キャラメル・カーニバル

【 Comment 】