• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • 素晴らしきアクアイグニス

BLOG

14.05.12

素晴らしきアクアイグニス

素晴らしきアクアイグニス

現在ホームページ制作とロゴデザインをご依頼いただいているイーライフデザイン様との打ち合わせのため、三重県鈴鹿市を訪れた。

三重県と言えば、以前より訪れたいと思っていたリゾート施設アクアイグニスがある所。
土日お仕事しますからすみません、ということで、車に自転車を積み、着替え持参で家を出発。
打ち合わせ終了後、そのままアクアイグニスに向け車を走らせ、600台収容可能な無料駐車場に車を駐車、そこから自転車で付近を散策した。
広がる田園風景とローカル線の情景に心癒されながら、近くにあるパラミタミュージアムで開催されていたミュシャ展を観覧。
アクアイグニスに戻り、とても清潔感のあるお風呂で汗を流した後、寛ぎの空間でコーヒーとジェラートをいただきながら、持参した小説を読んで憩いのひと時を過ごした。

まだオープンして2年あまり、施設内がとにかく綺麗だ。
竹林の露天風呂は情緒溢れる佇まいで、そこから見上げる空はとても美しい。
辻口博啓シェフによるスイーツやベーカリーのお店をはじめ、食に関しても思う存分楽しめる。
宿泊施設も完備されており、著名な作家によりデザインされた4つのオーガニック離れ宿は、露天風呂まで完備されているという贅沢さ。
素泊まりで、お一人様1名34,500円~というなかなかの価格設定だが、ビッグマネーを掴んだ方は是非宿泊していただきたい。

打ち合わせより始まった優雅な一日だったが、帰り高速を使わずお金をケチったため、恐ろしい暗闇に包まれた鈴鹿スカイラインを一人で爆走する羽目になった。
とにかく長いこの暗黒峠により、風呂で癒された体は全てリセットされ、結局帰宅して再度家の風呂へ入ることとなった。
体全体をバスクリンの香りが覆い、全てが幻となった切ない一日であった。

深夜の鈴鹿スカイラインには気を付けていただきたい。
そう言えば、5頭ものカモシカと遭遇した事実も追記しておこう。


AQUA×IGNIS Official Site →


b_039_2.jpg


【 Comment 】