• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • 孤独な独身デザイナーが始める40歳間際からのゴルフ.3

BLOG

14.05.03

孤独な独身デザイナーが始める40歳間際からのゴルフ.3

孤独な独身デザイナーが始める40歳間際からのゴルフ.3

4回ほど打ちっぱなしでの練習を経てわかったこと、、、私にはどうやらゴルフセンスがないようだ。
非常に窮地に立たされている。
とにかくフォームが美しくなく、非常に気持ち悪い感じだ。
ボールを打つまでの一連の流れに違和感しかない。
実際ムービーを撮影し確認してみると、見るに堪えない不細工さではないのだが、、、。

まず、グリップだ。
この時点で既に迷走状態となる。
なんかこうしっくりこない。
しっかりグリップをつかんで、一つになっている感じがしない。
そしてその不快感を引きずったまま、左手をまっすぐ伸ばし、右手で引き上げるように振りかぶる動作に移るのだが、ここで更なる迷走となる。
左手と右手の関係が非常に気持ち悪い。
更には、右肘と右手首の曲がり方が奇妙だ。
それに加え、高い位置まで振りかぶろうとする私の意識に反し、硬くなった中年ボディが悲鳴を上げる。
痛さに耐え兼ねクラブを振り下ろすが、こんな状態でまともに当たる訳もなく、ボールは明後日の方向に不気味な程の曲線を描き消えていく。。

おかしい、もっと簡単なはずなのだ。
要は球を棒で打つ、それだけ。
大きく振りかぶってパワーを溜め、一気に振り下ろし球を飛ばす。
それだけのはずなのに。。

グリップの違和感と戦い。
両手の違和感と戦い。
体の痛みを経ての凡打量産。。

もはや、ボールを飛ばすことがメインではなく、違和感のないフォームの確立がメインとなっている。
今の私には、打ちっぱなしさえもまだ早い。

フォームを意識せずとも自然なスイングができ、ボールを飛ばすことだけに集中できる日がくるのだろうか。。

フェアウェイは遥か彼方である。


b_036_2.jpg

【 Comment 】