• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • アナと雪の女王を観た

BLOG

14.04.25

アナと雪の女王を観た

アナと雪の女王を観た

ウォルトディズニーアニメーションスタジオ長編作品第53作目。
アカデミー賞W受賞、アバター、タイタニックに次ぐ歴代3位の記録を樹立したということで、これはスクリーンで観なければと思い、大いに期待し劇場に足を運んだ。

個人的にはラプンツェルの感動もあり、やはり3Dで観たかったが、この作品あまりにも3D上映している劇場が少なく、もちろんこの田舎町では皆無。
仕方なく2Dで吹き替えを観た。

とにかく映像の美しさは圧巻、氷や雪の表現が素晴らしかった。
また、主役の声を演じた神田沙也加と松たか子による吹き替えも良く、歌に関して言えば日本版のサントラを購入してもいいと思えるほど高いクオリティだった。

下記YouTubeの映像は、PVの様な扱いになっているが、このまま丸ごと本編で使われている。
この場面での映像、歌を含めたすべての演出が感動的で、この時点で確実にハズレではないと確信した。
しかし、今思えばこの場面が自分にとって感動のピークだったように思う。
従って、これから観る人は映像は観ない方がいいだろう。
私も事前に観ていなくて良かった。
再生してはいけない。

しかし、結局期待したラストの盛り上がりが今一つついていけず、つい先ほどまで暗かった画面は一気に華やかになり、暗い表情を浮かべていた民たちは、いつの間にか笑顔で手を叩いているという、、、いささか置き去りにされた感が漂ったのは私だけだろうか。
ネタバレせずに説明するのは非常に難しいが、「え?なんで、どういうこと、、、あ!そういう意味、ん?、、、えっ、そっちの方なの、、、あっ、お花咲いた。」といった具合だ。

従って、総合するとまずまずの面白さだったが、見終わってから既に20回はYouTubeの映像を再生しているので、そこそこハマっている自分がいる。
とにかく映像と音楽が素晴らしいので、これは是非とも劇場で体感していただきたい。

、、、でも、やはりディズニーアニメでは、ライオンキングが自分の中では圧倒的だ。
キャラ、音楽、ストーリー全ておいて。
ただ、主題歌に関しては、ポカホンタスの Colors Of The Wind だ。
あの曲はほんとに素晴らしい。
ちなみに物語に関しては何も覚えていない。
ポカホンタスってそもそもなんだっけ。


【 Comment 】