• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • ヘッドマウントディスプレイを買った

BLOG

14.03.11

ヘッドマウントディスプレイを買った

ヘッドマウントディスプレイを買った

750インチのスクリーンを20mの距離から視聴したような大画面が楽しめる。
おい、そんなことがあるのか。。
発売された当初から興味を惹かれていたが、結構な価格でしかもレビューが様々なので、暫く考えていたがついに購入に踏み切った。
現在hmz-t3という新型が発売されているが、私が購入したのは少し前なのでhmz-t2だ。
人によって感じ方は違うと思うが、部屋の明かりを全て消し、装着したまま仰向けになり画面に集中する。
そうすると不思議なことに、確かに目の前に自分専用の巨大なスクリーンが広がっているような感覚に陥る。
更にヘッドホンで周りの音も遮断されるので、没入感が激しい。
映画は特に3Dが素晴らしい。
奥行きが表現される為、更にスクリーンが巨大に見える。

ただピント調節がシビアだ。
どうしても長丁場の作品になると途中でズレる。
そして、着用してる様の廃人具合が半端ではない。
しかもプレイステーションとの連携でゲームもできるので、装置を頭に装着し、ワイヤレスのコントローラーを手に暗闇で仰向けになっている姿はもはや親も心配するレベルである。

しかし、個人的には良い買い物だった。
ただ、まだまだ不便な点は多々ある。
装置を装着している際、外が全く見えないのはかなり不便だ。
映画を観る時の楽しみと言えば、やはりポテチとコーラー。
しかし、周りがまったく見えないのでポテチがどこにあるかわからないし、手探りしながらだと飲み物もこぼしてしまう可能性がある。

もう少しだ、、、もう少しの進化でこのマシーンは驚異の近未来マシーンと化す。
とりあえず、視界がスクリーンと外界を切り替えらる仕様になるのを待つとしよう。
その時が次の買い替え時期だな。

それにしても、周りの人達にこのヘッドマウントディスプレイの話をしても知らない人の方が多いのには驚く。
そして、知っている人達には必ずこう言われる。
「それ買った人初めて見ました。」と。

何故だ。


【 Comment 】