• HOME  >  
  • BLOG  >  
  • 永遠の0を観た

BLOG

14.02.16

永遠の0を観た

永遠の0を観た

あまり期待していなかったのだが、昨今の戦争を題材にした作品の中では非常に良い映画だった。
この手の映画をレビューするのは色んな意味でめんどくさいのだが、とりあえず見たので感想を。
特攻をテーマにした作品も色々あって、最近では回天にスポットを当てた映画や漫画が記憶に新しいが、この作品は神風である。
映画やドラマとなると、どうしても涙を誘うドラマチックな要素が入ってしまい過剰な演出はしらけてしまう。
また、戦争映画は現実と過去を回想で行き来するストーリー展開が多く、この作品もそうだった。
要はこの辺りの演出がどうかというのが一つのポイントになるのだが、意外にすんなりと受け入れることができた。
ただ、やはり色々な人と人の繋がりにドラマを入れ過ぎなので、多少違和感を感じたが、あの時代確かにありえない話ではなく、もっと深いドラマもあったように思う。

特攻の物語で常に核となるのは、やはり機体のトラブル等で引き返すことを余儀なくされ、そのまま終戦を迎えられた方々の罪の思いだ。
仲間が散って行ったのに自分は生き残ってしまった。
この思いは、その時代に生きていなかった我々には到底安易に語れる話ではない。
しかし、そんな辛い思いを胸に生き抜かれた方々、そして若くして散っていかれた方々の覚悟ある勇敢な行動を決して忘れてはいけないと思う。
愛する国のために逝く、家族を守るために逝く、、、家族を残しては死にたくない、まだまだ生きたい、、、どのような気持ちであったとしても、その身をかけて戦われた事実に間違いはない。

しかし、最後の場面では、なんというか、ジオン軍に連邦の白い奴が迫る感じを連想させたが、それはそれで演出の一つとしてかっこよかった。
無理にドラマチックに感動を誘うだけでなく、こういう演出も映画としては重要だ。
ま、かっこいいという言葉がふさわしいのかはさておき、この映画を見た若者達が、感動したり、色んな事を感じることで、その胸のどこかに戦争、特攻というものが刻まれたなら、この映画が作られた意味は大いにあったと思う。

戦闘シーンのCGも凄かったので、きっかけは何であれ、劇場で見ることをオススメしたい。


【 Comment 】